So-net無料ブログ作成

奈良の女児誘拐殺害、小林薫被告に死刑判決 [ニュース]

奈良の女児誘拐殺害、小林薫被告に死刑…弁護側が控訴

奈良市立富雄北小1年、有山楓(かえで)ちゃん(当時7歳)が2004年11月、誘拐、殺害された事件で、殺人、わいせつ目的誘拐など八つの罪に問われた毎日新聞販売所の元従業員小林薫被告(37)の判決が26日午前、奈良地裁であった。

奥田哲也裁判長は「卑劣で残虐な犯行。矯正の可能性は極めて困難で、生命をもって償わせるほかはない」と求刑通り死刑を言い渡した。

これまで被害者1人の殺人事件での死刑判決は大半が金品目的の犯行だったが、奥田裁判長は「被害者は1人とはいえ、落ち度もなく、抵抗できない幼い子どもに性的被害を加え、殺害した結果は重大」と述べた。弁護側は控訴した。

奥田裁判長は、主文の言い渡しを後回しにし、犯罪事実について、検察側の主張をすべて認定した。

動機を、わいせつ目的で誘拐したと認め、「身勝手きわまりなく酌量の余地はみじんもない」と述べ、争点の一つだった殺意の形成時期も「自室に連れ込み、風呂場で抵抗されるまでの間」とし、確定的殺意があり、とっさの殺意という弁護側主張を退けた。

さらに、「純粋無垢(むく)な女児の性格を利用した犯行は巧妙かつ冷徹で極めて執拗(しつよう)で残忍」と指弾。女児を殺害後、両親に画像をメール送信するなどの行為について、「反省しないばかりか、血も涙もない非情な犯行」と断じた。

「無限の可能性があったが、人生を楽しむことなく7年の短期間で終えなければならなかった無念さは察するに余りある」と女児の思いにも触れ、「愛するわが子の命を理不尽な形で奪われた怒りや無念さは計り知れない」と両親の気持ちを代弁し、極刑を望む遺族感情に理解を示した。

そのうえで、最大の焦点だった死刑適用について、1983年に最高裁が判示した死刑適用の目安である永山基準に言及。「残忍性、結果の重大性、犯行後の悪質性、被害感情の深刻さ、社会的影響を考えれば、刑事責任は極めて重大」と述べ、女児を狙った2度の前科があり、常習性が根深いとした上で矯正の可能性も否定。さらに被害者数に触れ、「数だけをもって死刑を回避すべきではない」とした。
(2006年9月26日13時42分  読売新聞)


サラ金から献金を受けていた中川秀直氏が自民党幹事長になり、同じく甘利明氏が「総裁選圧勝に貢献した」を理由に経済産業大臣に起用されるという安倍内閣誕生に、今日一日マスコミは小泉劇場再びのごとくのお祭り騒ぎです。それにしても甘利氏が経産大臣とは、あまりにも似合い過ぎます。サラ金産業振興に傾注しないよう、国民はしっかりと注視して行きたいものです。しかし、注目すべき話題は他にも山ほど存在し、相次ぐ凶悪事件が一般国民の生活に及ぼす重要性を思えばこちらの方も時間を割いて報じて欲しいものです。

事件の残虐性から死刑は予想されていましたが、この判決の重要な点は「数だけをもって死刑を回避すべきではない」とした部分ではないでしょうか。逆に言えば、これまで同じような事件での判決がいかに被害者感情を無視して来たかということです。思想の自由を理由に権利を主張することのみ血眼になって来た外道教員どもが学校教育を崩壊させて来たように、死刑か否かを被害者の数で判断するような杓子定規的能天気思考の司法が今日の凶悪犯罪に加担して来たことは事実ではないでしょうか。死刑反対論者の方々と論議するつもりはありませんが、そのような方々は自分が被害者遺族になっても進歩的文化人を気取っていられるのかと言いたい。杉浦元法務大臣は「執行命令書にサインはしない」と言って批判を浴びましたが、 http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/houmu/story/26mainichiF0926m167/  死刑反対を貫くなら死刑制度が憲法に盛り込まれている法治国家での大臣職など受けないことです。そんなこともわからない輩でも弁護士になれたのですから、当時の試験はよほど簡単だったのでしょうか。冗談ですよ、半分は・・・・・。

さて、コピペした読売の記事は淡々と被告の残虐性を報じていますが、対照的なのが朝日新聞の記事です。 http://www.asahi.com/national/update/0926/OSK200609260036.html 事件の残虐性を報じながらも、小林被告の不遇な生い立ちをさりげなく盛り込み、少なからぬ同情らしきものを引こうとしているようにも感じられるのです。いやいや、それは私の勘違いでしょう。いくら何でもたった7歳の女の子をこんな残虐な方法で殺害したうえ、「次は妹だ」と親を脅迫するような鬼畜に酌量の余地はないでしょうから・・・・・。次は少年法を隠れ蓑にした餓鬼の犯罪に対しても画期的な判断を願います。公務員の飲酒運転に関して「免職は死刑に等しい」と静岡県知事がほざいたそうですが、 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/20782/ 今になっても尚飲酒運転の反社会性を認識出来ない輩に、死刑のもつ重大な意味がわかるはずがないでしょう。静岡県民の良識を期待します。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 6

nina

こんにちは。
新内閣にはサラ金業者と癒着してそうな人がチラホラと見受けられますね。

それはそれとして。
死刑判決を出すのに人数に囚われなかったのは評価できると思います。
まだ高裁〜最高裁とあるでしょうから、その時にどうなるか分かりませんが。
弁護人は「裁判は事件の本質に迫り社会に問題提起する使命を全く果たしていない。同じ事が起きる」と控訴するようですが、その事件の本質とやらを説明して欲しいですよね。
それに「同じ事が起きる」と社会を脅迫しておられますが、同じ事をしたらまた死刑になるだけ。
弁護士が自分の思想のために無意味に裁判を長引かせるのは止めて欲しいです。
by nina (2006-09-26 19:24) 

cocoa051

ちょっと違った観点。これまでの裁判所の死刑判決は、対象が成人と子どもで違いがあったように思います。子どもが被害者のほうが明らかに軽かったと。その点を改められたのは意味があると思うのですが・・・。
by cocoa051 (2006-09-27 08:00) 

ado-chan

小さな命は奪われやすいけど、
憎まれっ子は本当に世にはばかっちゃうのね・・・。
by ado-chan (2006-09-27 14:19) 

ナカサン

※nina さんへ
こんばんは。
nice とコメントをありがとうございます。
拉致問題に関して言えば、
それに対する姿勢が現れた内閣(官房補佐官)と評価したいのですが、
何せサラ金から金を貰っていた閣僚が雁首並べてますからね・・・・・。

>その事件の本質とやらを説明して欲しいですよね。
本質とは多分、被告の不遇だとでも言うのでしょうが、
それが凶悪犯罪を擁護する理由になるなら日本は無法国家になるでしょう。
万が一この裁判の過程で今回の死刑判決が覆り、
近い将来に同様の犯罪が発生したとしたら、
その時に明らかにされる『事件の本質』には、
このような頭のおかしい弁護人の存在があったことを声を大にして言いたいものです。

>弁護士が自分の思想のために無意味に裁判を長引かせるのは止めて欲しいです。
麻原の弁護士に対する処遇が注目されていますが、
弁護士会の良識と良心に期待したいものです。
by ナカサン (2006-09-27 19:39) 

ナカサン

※cocoa051さんへ
こんばんは。
nice とコメントをありがとうございます。
ええ、おっしゃる通りだと思います。
少年法で餓鬼を擁護するくせに、
幼い子供を守る法律や社会構造の希薄さへの警鐘とも言えると思います。
死刑になるのが嫌なら悪いことはしないことです。
by ナカサン (2006-09-27 19:47) 

ナカサン

※adoちゃんへ
こんばんは。
nice とコメントをありがとうございます。
はい。本当にそうですね。
いい人に限って召されるのが早過ぎます。
神様の真意は不可解です・・・・・。
by ナカサン (2006-09-27 19:57) 

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。